チャットボットって何?

今もっとも人が集まる場所

インターネットの人の流れは、ホームページに始まって、今はチャットアプリへ変化しています。

今年になって、国内で代表的なチャットアプリであるLINEやfacebookが、第三者に「ボット」機能を開放しました。

ボットが何を変えるのでしょう?

これまでのチャットアプリは、自分が知っている友だちと話をするためのものでした。

これからは、実在する人間以外、たとえば自分が興味のある「企業のロボット」を登録して、ロボットと会話が出来るようになります。

このロボットを略して「ボット」と呼びます。

チャットアプリの「チャット」とロボットの「ボット」をあわせて、「チャットボット」と呼ばれる機能が、流行のきざしを見せています。

このチャットボットをどのように活用すれば、ユーザの役に立つのか。活発な議論が行われています。

チャットボットの勉強

チャットボットのイノベーション

今までの検索では、探したい結果がすぐに見つかれば問題はないのですが、結果が見つけられないこともあります。

見つからなかった場合、次に何を入力したら良いかを考えなければいけません。

ユーザは、探したいものを絞り込むキーワードを考えて→入力して送信ボタンを押して→検索結果を検討する、という一連の作業が必要でした。

この面倒な作業が、チャットボットの登場によって不要になります。

検索はめんどくさい

チャットアプリのインターフェイスを活用

検索窓に、話しかけることはないですよね。

一方、チャットの入力インターフェイスは、会話をするために最適化されています。

ぜひ、ボットと会話をしてみてください。

最初は、つれない言葉をひとつだけ入力するだけかも知れません。

でも、ボットからの問いかけや応答を見ているうちに、親しみが湧いてきます。

相手がボットだとわかっていても、だんだん会話のようになってくるでしょう。

こうして、入力する情報量が自然と増えるので、関連する他の情報を推測しやすくなり、提案の精度が上がります。

ユーザが「探していると感じる」ことなく、お望みの情報と出会えるようになるでしょう。これは嬉しい。

提案をしてほしい

今、もっとも人が集まる場所であるチャットアプリへの参入手段「チャットボット」。

このタイミングを逃さずに、参入しませんか?

ギジンのサービスのご利用をご検討頂けたら幸いです。ご連絡をお待ちしております。

ギジンのサービスを見る

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です