ホームページからチャットボットまで。インターネットサービス開発の心得

こんにちは。ギジン株式会社代表の小泉ヒロカです。当社は、インターネットを活用した戦略パートナーとして、お客様のビジネス成長のお手伝いをさせて頂いています。

今回は、インターネットサービス開発に関わって20年になる筆者が、開発にあたり大切にしている考え方についてお知らせいたします。

課題解決のパートナーとして

ギジンは、ひとつの技術(たとえばホームページ制作など)に特化していません。もし、かっこいいホームページを作って欲しいというご要望だけでしたら、ギジンは相応しくないかも知れません。

ギジンは「課題を解決するためにインターネットをどう活用すれば良いか?」を考えてご提案いたします。その結果が、ホームページ制作であったとしても、何のためにホームページを作るのか?という問いかけから始めます。

インターネットの歴史を振り返りながら、ホームページを作る目的について、考えてみましょう。

アートボード 1
なぜホームページを作るのか?

インターネット誕生当初は、ただホームページを作ってURLを名刺に印刷するだけでも、センスの良い企業であることをアピール出来ました。

そのうち、デザインにこだわり、会社の目的、創業者の思いや歴史、商品などの情報を発信することで、企業や商品のイメージアップに貢献できるようになりました。

ECサイトが普及してからは自社で商品を売ることも可能になり、優秀な営業マンの代わりに販売の仕事をするようになりました。

ユーザの属性を取得することで、新商品の開発にも役立てることが出来るようになりました。

どのような目的でも共通しているのは、多くの方に知って頂くためにどうすれば良いか?という課題があります。この課題の解決は、内容と同じかそれ以上に重要です。

目的によっては、ホームページという手段を選ばない、という選択肢が出てくることもあるでしょう。

多くの方に知って頂くために

かつて、ヤフーのカテゴリに掲載してもらうことがアクセスアップにつながる時代があり、PageRankアルゴリズムが流行してからはGoogleの検索結果の上位に来ることが重要な時代が長く続き、商品と親和性の高い言葉を検索すると上位に表示されるテクニック(通称SEO対策)が流行しました。

ところが近年、SEO対策はユーザにとってデメリットが多いことがわかってきました。

企業が事前に用意した着飾った情報には脚色があることをユーザは学習し、他のユーザが実際に体験した生の意見をより重要視するようになりました。

SEO対策の次へ

この変化に対応した企業は、ソーシャルメディアの活用を始めました。

企業の担当者は、ユーザに親しみを持ってもらえるキャラクターを演じ、twitterやFacebookでいいね!やシェアなどのエンゲージメントを獲得しています。

さらにGoogleは検索アルゴリズムの変更に加え、機械が自動で学習することで検索の精度を高めるBrainRankを導入したことで、従来のSEO対策では、効果が上がりにくくなっています。

ユーザに役に立つ情報を発信し続けるという本来の目的以外に出来ることは少なくなってきました。

今後、更新の量を増やしたり質を上げる以外に、他に出来ることは無くなったのでしょうか?

人の流れが変わるタイミングを逃さない

多くの人に来て頂くためには、人の多いところに露出することが効果的ですが、相応のコストがかかります。

もし、これから多くの人が訪れるであろう場所に、まだ知っている人が少ないタイミングを狙って露出が出来れば、費用対効果が高くなるでしょう。

インターネットの歴史は、これから流行る場所をいち早く抑えた人が儲かった歴史でもあります。

Yahoo!のカテゴリ、GoogleのPageRank、i-mode、ソーシャルゲーム、AppStoreなど。今まで何度も、人の流れが大きく変わるタイミングがありました。

このタイミングを逃さず、いち早く参入することで、費用対効果に優れた集客が可能になります。

人の流れはチャットアプリへ

では、今後の人の流れはどこになるでしょう?

インターネットに接続する手段として、Safariなどのブラウザ、Storeで手に入れたアプリ、音声アシスタントのSiriやGoogle Nowなど様々あります。

しかし、多くのユーザが時間を使うのは、圧倒的にfacebookやLINEなどの「チャットアプリ」のようです。

チャットアプリで使う時間が圧倒的に長くなったことで、新しいアプリをインストールしてもらうことはもちろん、ブラウザでホームページに繰り返し来てもらうことすら、今はとても難しくなりました。

今までこの人の流れは、チャットアプリのメーカーが独占していました。

しかし今年になって、第三者が利用できるようにプラットフォームを開放しよう、という動きが始まりました。

今まさに、人の流れが大きく変わろうとしています。

チャットアプリの人の流れは、チャットボットへ。「チャットボットって何?」へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です